期間工にチャレンジ!

奨学金は期間工フル満了で返済可能

最近話題になる「奨学金地獄」。奨学金地獄に苦しむ人々の実態はどのようなものでしょうか。

そして期間工として仕事をすることで、奨学金を返済することは可能なのでしょうか。かつては奨学金と聞くと、成績は良いけど進学するためのお金のない家庭の子供たちのための給付型援助という良いイメージがありました。

しかし最近では返済ローン型の奨学金がメインであり、有利子奨学金の利用者が急増しています。4年生の私立大に入学し、卒業したものの低賃金の仕事にしか就職できず、結局は利子によって増えている奨学金返済額を返せずに苦しんでいる人たちもいるのです。

有利子奨学金による返済地獄

日本では、高等教育といわれる大学進学は一般的になっています。

大学に行かないと一人前の社会人として見てもらえないのではないかとか、ある種のプライドや大学で得られるものへの期待から、多くの人が有利子奨学金を利用してまで進学しているのです。

実際、大学生の半数以上が奨学金利用者とも言われています。本当に目標をもって大学進学し、卒業後もその教育を活かせる人や、お金に余裕のある家庭で大学に行かせるぐらいなんて事ないという人なら問題ありません。

しかし、大学に行くほどの余裕はない家庭で、奨学金を活用して進学し、卒業後も低所得の仕事に就いた人は悲惨な結果になることもあります。

国公立と私立大学

学費が安いといわれている国公立の大学でも、年間授業料は約53万円程度、入学金約28万程度、つまり初年度は約82万、それ以降は年に53万、4年間で約250万弱の授業料プラス教科書代、研修費代などがかかります。

私立大学になると、入学金や施設整備費代を含めて初年度は130万円以上、2年目以降は85万円以上、4年間で400万円近くになります。親元を離れて進学すると、さらに家賃や水道光熱費、もしくは寮費、生活費など、子供一人を大学に進学させるのは、そう甘くはありません。

自己破産へのルート

最近では、奨学金借り入れの平均額は300万以上とも言われています。

例えば、4年制の大学に進学し、無利子の第一種奨学金を最高額64,000円と有利子の第二種奨学金12万を借りたとしましょう。卒業の時点で、その奨学金の返済総額は900万円近くになります。

それを、何年間かかけて月々返済していくわけですが、最初のうちは返済できても、社会人になって交際費や思わぬ出費が重なり、次第に奨学金の返済を滞納してしまう人もいます。

ある日、気づけば管理の額の滞納が出てしまうかもしれません。滞納の返済予定日を過ぎると、5パーセントの滞納金が上乗せされ、さらに返済額が増えます。結局は、この滞納額をとてもじゃないけど返済できないと、延滞から逃げる日々を送りますが、延滞が3か月続いてしまうと、個人信用情報機関に登録されてしまいます。

個人信用情報機関に登録されると、今度はクレジットカードの使用が制限されてしまうのです。

そのまま放置していると、督促の為に勤務先に電話がかかってきたり、自宅に直接訪問したりし、実家や保証人にも連絡が来ます。

そして、最終的に裁判所からの督促通知を受け取るという悲惨な状況になるでしょう。結局、八方ふさがりになり若くして自己破産してしまうという方も中にはおられます。

自己破産すると、今度は連帯保証人である家族や知人などに督促が行き、家族も払えない状況なら自己破産の連鎖が広がっていくことになるのです。

生活費を最低限に抑えられる期間工

この負のスパイラルに陥らないために、どうすればよいのでしょうか。月々の奨学金返済額が返せないような生活状況になった最初の時に、それを無視しないことです。

立ち止まって生活を見直し、返済から逃げずに責任を果たすにはどうしたら良いかをまず考えます。

今の仕事のままでは、生活するのも精一杯、とても返済ができないという状況なら、1つの選択肢と期間工として働くことを考えてみるのはどうでしょうか。

寮に入れば住居費、水道代、光熱費などが全てタダになることも。取りあえずライフラインを確保しつつお金が入ってくることになります。

ただ、基本的に期間工は誰でも採用されますが、多額の借金を抱えている場合は採用されません。警備員などセキュリティの仕事もそうですが、寮生活をする期間工も、多額の借金や刺青のある人は採用したがらないのが一般的です。

車のローンや奨学金などの多額ではないものに関しては一般的に誰もがしているものですから、採用されることも多いようです。

この辺の採用条件に関しては企業にもよるでしょうから注意しましょう。

一例ですが、住宅ローンや車のローン、奨学金の返済は消費者金融から遊興費を借りているわけではないので借金に当たらないとする見解もあります。そのため面接時にわざわざ「借金があります。」と答えなくても良いように考えられます。

「借金があります。」と答えた場合は間違いなく何の借金でその額も聞かれて、採用の判断に組み込まれてしまいます。こればかりはその会社の裁量となるでしょう。

期間工が得られる収入

では、実際に期間工として働くと、どれぐらいの収入が得られるのでしょうか。

有名企業トヨタを例に考えてみましょう。

トヨタの期間工求人募集ページによると、在籍1年目で年収455万円以上可能となっています。その内訳はどのようなものでしょうか。

トヨタでは月収が281,090円から303,810円となっており、入社月の翌月末まで在籍している人には、翌々月の給料の際に特別手当として10万円支給されます。

また、初回給与支払いの際には、赴任手当として2万円が支給され、入社日から2週間後には食事補助として1万円が支給されます。

寮費や水道光熱費は無料です。期間工として35カ月満了すると、満了慰労金・報奨金として300万円以上もらえる可能性もあります。さらに、契約満了機関6~12カ月に達すると1万円の経験者手当が、18~30カ月に達すると7万円の手当が、そして35カ月に達すると10万円の手当が給付されます。また契約中に社員登用制度によって採用され、社員に昇格する可能性もあります。

多くの場合、期間工として3ヶ月~6ヶ月は最低でも働くことが求められており、契約期間未満で中途退社すると次回は雇ってもらえません。まずは最低の契約期間を満了することが最初のステップです。最初の契約期間内で約100万の収入があり、そこから自分が使った支出額を引いた分を貯金することが出来ます。

つまり、奨学金をどんどん返済していくことが出来ます。水道光熱費や食費がかからないので、奨学金返済のための費用に回すことが出来ます。自炊などをして切り詰めた生活をしていた期間工経験者によると、無駄遣いしなければ平均的に4カ月で100万、8カ月で、200万、1年で300万貯金できることを考えると、頑張る力が湧いてきます。

ただしガチでキツイです

これだけ聞くと、「よし、じゃあ期間工として働いて頑張ろう」と思うかもしれません。でも、実際期間工の仕事も甘いものではなく、かなりハードであることを覚悟して始める必要があります。

でも、目的があれば頑張れるでしょう。1週間もしないで、最初の2,3日で辞める人もいる期間工の仕事ですが、どうすれば続けて仕事を行い、期間を満了することが出来るのでしょうか。

1つには、どの仕事をするにしても言えることですが、人間関係を良好にすることです。どうせなら楽しく仕事をしたい、楽しく仕事をすれば、多少作業が辛くても頑張れるものです。

一緒に仕事をする人を敵に回すのではなく、味方にして、仲間を増やすことを意識して、日ごろから挨拶や生活態度に気を配ることも大切です。

これは、社会人としてのマナーとも言えます。対人関係を良好するためにできる他の点は、他のメンバーがミスをしたとしても、責めずにフォローするぐらいの対応をすると、自分がミスをしたときのための貸しを作ることが出来ます。

ただ、最初は他の人をフォローする余裕はないので、とにかく必死で自分の仕事を覚えなければいけないということを覚悟しておきましょう。

そうは言っても、疲れてきたり、ストレスが溜まると、心が折れそうになるものです。

そんな時は、自分が何のために仕事をしているのか、ここで辞めてしまったら返済すべき奨学金はどうなるのかという危機感を持ちましょう。この仕事を続けることで「奨学金の返済」という自分の目標を達成することに集中して、すべて返済してスッキリ爽やかになっている自分をイメージしてみてください。

どんな仕事も最初は覚えることが沢山あって、思うように体も付いていかないものです。就業して3日目から1週間ぐらいで、自分は迷惑かもしれないとか、自分には向いていないかもしれないという不安が頭のなかでグルグルします。

でも、よく考えてみてください。3日や1週間は、研修期間のようなもので、どんな仕事も1か月ぐらいやってみないと、向き不向きは分かりませんし、まして上達なんてしません。

まずは1か月、作業が遅くてもミスをしても良いから、頑張り通すことを目標に、折れない心で無心で頑張りましょう。叱られたり、周りからの冷たい視線や舌打ちなどされても、最初はこんなものだ、通過地点に過ぎないと言い聞かせて、前向きに取り組むことが大切です。

ただ、叱られてあまりにも気にしてへこみっぱなしも問題ですが、気にしな過ぎて軽くあしらうような態度も評価が下がるのでやめましょう。出来ないなら出来ないなりに、誠実さと真剣さを見せて、コツコツ頑張っていれば必ず評価される日が来ます。

期間工は男性のイメージが強いですが、女性でも採用されるのでしょうか。もちろん、女性もいますが、割合的には非常に少ないかもしれません。

女性も男性と同じように、男性でもキツイと思う仕事をするのかと思うとゾッとしますが、女性は女性ならではの仕事が割り当てられます。

例えば、細かな部品の取り付けを行う作業工程や検査を行う作業工程などは、女性が配属させられることが多いです。

そして、男女入り混じった作業工程はほとんどないため、男性向けの作業工程と女性向けの作業工程は分かれています。

たとえ、男性と同じ作業工程で働くことがあったとしても、男性と同じ仕事量は求められないので、安心できます。

女性同士の人間関係では難しさもあるかもしれませんが、9割の男性の中で1割弱の女性期間工という割合がほとんどのため、女性期間工は女性ゆえに配慮されることも多く、ある意味では特別扱い状態で美味しい存在かもしれません。工業高校に入学する女子生徒のように、気にせずやっていく勇気のある人なら、続けていくことも可能でしょう。

特に部品メーカーなど私が働いたデンソーの期間工は非常に女性の割合(3~4割ぐらい)が高く仕事への定着率も良いです。

このように、奨学金を抱えて頭を悩ましている方々にとって、出費のかからない寮生活で集中的に仕事をして稼ぐ期間工の仕事は、強い味方と言えるでしょう。まずは契約満期達成を目標にトライしてみるのはいかがでしょうか。

それではまた!

オススメの期間工職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »