期間工にチャレンジ!

職業訓練校を受けるまでの流れについて

ハローワークは職業能力開発の支援という目的も担っています。職業訓練校は色々な専門的技能や資格が取得出来るための学校です。

訓練校への入校が始まる時期でしたのでハローワークでの職業相談の時に勧められたこともあって職業訓練校の選考試験を受けてみることにしました。

福岡県の職業訓練は以下のように様々な業種の訓練があります。

 

入校料や授業料は無料です。ただし別途教科書代などの経費が5万前後かかります。

無料で専門性の高いスキルを身に着けられる機会はそうないと思われます。

会社に属していた頃3D-CADを使用しなければならないことになった時にCADの講習を受講しましたが受講費は会社と折半でした。

今回は今までの職歴から関連性の高い職業訓練は自動車整備なのでこの科を受けることにしました。

ハローワークの窓口での説明

見学会を実施しているのでまずは学校の方を訪れてみてはどうかというお話でしたので見学会に参加することにしました。

色々なサイトやブログを見ても見学会には参加しとけ!と書いているところが多く見られます。

大きな理由は二つです。

  1. 面接官の印象に残る
  2. 面接時に説明会に参加したかどうか聞かれる

ですので可能な限り職業訓練校の見学会には参加しておきましょう。

意気込みをみせておくことで選考試験をパスする為の要素を一手先んじてプラス評価にすることが出来ます。

見学会への参加は簡単です。私の地域では学校が開いている時間内に電話で予約をするだけでした。

その他に訓練校に通うことになればこれだけの特典があるという説明を受けました。

 

訓練が終わるまで雇用保険の受給が延長されるのは大きいです。その他、受講手当約2万円や交通費も出ます。また認定日にハローワークへの通う必要もなくなります。

職業訓練校の見学会

私が試験を受ける訓練校は午後から1時間程度の見学会でした。

まずは見学する全ての科の人まとめて訓練校の概要の説明があり、その後それぞれの科に分かれて詳しい訓練内容についての説明という流れです。

で、私の受ける自動車整備科の説明会は私を含めたった3人でした。しかも私以外の2人は保護者引率の今年中学を卒業する子達です。これにはちょっと気恥ずかしい思いでしたが、自動車整備科の説明をされた方は訓練校のお偉いさんでしたので印象に残るよう積極的に質問しました。

まずは教室で教科書のペラペラめくってどういったことを学ぶのかについて一通りの説明がありました。

ガソリン、ディーゼル、シャシーの構造、機能、整備について勉強して実技免除の国家資格を取得するということでした。

ここではハイブリット車について学ぶのかどうか質問してみたところ、基礎的な部分は勉強するそうです。あくまで安全に取り扱うための基礎であり整備まではしません。

もう一つ選考試験の問題はSPIのような算数と国語が混ざったような問題が出題されるのかどうか聞いてみたところ私の地域の訓練校は科によっても異なりますがSPIではなく算数は四則計算、国語は読み書き漢検3級程度というお話でした。

これである程度目星が付くので聞ける機会があれば、是非出題範囲については教えてもらっていた方がいいです。

自動車整備科は国家資格受験で毎年何人か受からなかったり途中でリタイアすることになって辞めてしまったりする人もいるので定員割れしていても筆記試験があまりに悪いと受かる見込みが薄い為、落とさざるを得ないそうです。

続いて実車での実技訓練が行われている所に場所を移しての説明です。ちょっと離れている場所にあったので歩いていきましたが、中学生の2人は物怖じしているのでここでも説明担当の方と積極的に話しながら行きました。

ここで自動車の製造や設計をやっていたことを告げましたが、整備士はメーカーさんと比べると給与が低くなるという話をしてもらいました。

実技訓練場はちょうど現在の訓練生が和気あいあいと車をいじっている時間帯でした。

実技訓練用の車は3台あって1台は2柱リフトで上がっていて足回りを扱える状態になっていました。もう1台はエンジン実技用で最後の1台がハイブリット車です。

ここで実車を使い実技を習得するので資格試験の時は実技免除になるそうです。

これで説明会は終わりでした。

職業訓練校の入校願書

帰りに早速ハローワークに寄って入校願書を提出してきました。

以下のような用紙になります。

 

このフォーマットは各地域で異なるかもしれませんが、ここでは大きめの証明写真に、提出する日付、名前、生年月日、住所、電話番号、訓練科、通行方法、通行所要時間、最終学歴、職歴、免許資格、職業訓練の受講有無、等を記載します。

私は職歴に関して新しいものから書いていくと自動車の設計エンジニアをやっていた頃の時期を書きそびれてしまうのであえて自動車とは関係ない自営業の時期などは記載させず全て自動車関連の職について書き出しました。

これで選考試験を受ける所まで準備が整いました。

次は選考試験を受けた感想について投稿します。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »