期間工にチャレンジしてみたい人は!ここから

車検切れの状態で公道を走るとどうなるのか?

何らかの事情で車検を通すのを忘れてしまう、これは割とよくある話です。

車検を通すのを忘れている場合にはどのような悪影響が出るのか、どのような問題が起きるのか、どう解決すればいいか、これらは知っておいて損はありません。

運転免許と違って通知が来るものではありませんので、次の車検が何時頃かぐらいはぼんやりとでも覚えておいた方がいいでしょう。

それでも日常の忙しさからうっかり忘れてしまったという場合の対処法を紹介してみます。

明確な法律違反

車検を通していなくても、大抵の場合はすぐに自動車に悪影響は出ないので、車検を通していないことに気付かずに普通に公道を走ってしまうなんてケースもあるでしょう。

しかし、車検を通していない状態で公道を走るのは明確な法律違反であり、それが発覚した時には罰則は避けられません。一応、車検を通していなくても自動車を所有することや私有地で運転すること自体には問題はないのですが、公道を走ることはできないのです。

車検切れの状態で公道に出てしまい、それが発覚した場合にどうなるかですが、事故を起こさない限りは逮捕されることはまずありません。

公道を車検切れの自動車で走行した場合の罰則は3つで、6点の違反点数と30日間の免許停止、そして6ヶ月以下の懲役か30万円以下の罰金です。さらに、車検が切れているのに自賠責保険は更新しているケースは少なく、実質的には無保険車を走行した場合の罰則も加算されます。

無保険車での走行の罰則も3つであり、6点の違反点数と30日間の免許停止、そして1年以下の懲役か50万円以下の罰金です。

車検切れの罰則、それに無保険車の罰則は加算されるので違反点数は12点に、免許停止は60日に、そして1年6ヶ月以下の懲役あるいは80万円以下の罰金が課せられます。

ただし、これはあくまで罰則を科せられる可能性があるだけであり、厳重注意で済むケースも多いのが実情です。

悪質なら先に書いたような重い罰則が科せられるものの、車検切れを忘れていただけだと判断されれば厳重注意で済みます。

ただし、この辺りの悪意があるかないかの判断はあくまで警察がすることなので、罰則が科せられてもおかしくはないでしょう。車検切れから日数が経過していないなら忘れていただけと判断されるケースが多いものの、何日以内なら大丈夫という明確な規定は存在しません。

少しくらいなら車検切れを放置していても大丈夫ではと考える人もいるかもしれませんが、重たい罰則を科せられる可能性がある以上、すぐにでも対処をしたいところです。

車検切れの車は仮ナンバー

すでに車検が切れて公道を走ることができない以上、どうやって車検切れ自動車の車検を通すかが次の問題です。

車検には自ら運輸支局まで自動車を持ち込むユーザー車検と、ディーラーなどの業者に依頼する方法がありますが、いずれにしても公道を走れないのは大問題です。

レッカー車で運んでもらえばいいのではないかと思い付くかもしれませんが、この手は基本的に使えません。もしレッカー車を利用するなら前輪が浮いた状態、後輪が地面に付いた状態で自動車は運ばれていきますが、この後輪が地面に付いた状態が公道を走ると解釈される恐れがあるからです。

そのため、危険性を避けるために車検切れの自動車は扱わないケースが多く、基本的にはレッカー車は利用できません。

ユーザー車検を利用するなら仮ナンバーを申請するのが基本で、こちらは車検切れの自動車で公道を走る場合に必要な臨時のナンバーです。仮ナンバーがあれば車検切れの自動車でも公道を走れるので、車検場まで自動車を持って行けます。

この仮ナンバーは役所で申請すれば貸してもらえますが、当日を含めて有効期限は3日間だけなので、申請をするなら手早く車検を通さないといけません。

車検業者に依頼

業者に依頼する場合は自動車の移動方法が複数ありますが、ここでも仮ナンバーは利用できます。

仮ナンバーで業者の方まで運ぶ方法、そして業者に引き取りにきてもらう方法があり、手間がかからないのは業者にお願いする方です。

安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

車検申込ならGoo車検

書類を用意して役所まで行く必要があるので、忙しい人にとって仮ナンバーはやや使いづらいやり方でしょう。

いずれの方法を利用するにせよ、基本的に車検切れであっても費用面での負担はそこまでは増えません。もちろん、何年も車検切れを放置していたのであればまた話は別ですが、半年程度なら仮ナンバーなど手数料程度の負担で済みます。

そのため、車検切れに気が付いた時点で早急に行動するのが基本ですが、その車検切れの自動車を手放すという選択肢もあり、この場合は無理に車検を通す必要はありません。

出張査定を依頼すれば仮ナンバーを取得する必要もありませんし、車検切れの自動車であっても引き取ってもらえる業者も多くあります。

一応、車検切れの自動車はやや評価が下がりますが、あくまでメインは自動車の種類や状態なので、致命的なほどに査定額が下がることはありません。

車検を通す費用と比較すると全く割に合わないケースも多く、手放すなら無理に車検を通さなくても大丈夫です。廃車手続きを進める場合も、同様に業者に依頼すれば車検を通さずに廃車にできるので、買い替えを考えているならそちらの手続きを進めるのも手です。

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

事故車、故障車も全て高価買取り!カーネクスト

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »