期間工にチャレンジ!

職業訓練校の入校式とオリエンテーション

職業訓練校の初日は入校式で翌日はオリエンテーションでした。今回はその流れを説明していきたいと思います。

会社では特別教育や講習を受ける機会が色々とありましたが、社会人になってからは本格的に学校という学びの場に通うのは一度としてありませんでしたので多少真新しい気分です。

職業訓練校という学校は結構特殊で下は中学を卒業したての人から定年を迎え退職した方まで幅広い層の年齢が集まってスキルを身に着ける場です。

先生方のお話にもありましたが、お互いのことを尊重して学校生活を過ごしたいものです。

入校式の前に当日の服装についてお話したいと思います。

入校式での格好はスーツか?私服か?

私はスーツを着ていきました。

他のブログやサイトを見るとフォーマルな恰好やカジュアルな服装でOKというところもありますが、地域によっては必ずスーツを着てくるよう申し渡されるところもあるようです。

それで当校はというと指定はありませんでした。しかし見渡した限り7割ぐらいはスーツ姿で来ていました。女性でもです。OLさんのようなスーツ姿でした。訓練教官の先生方もこの日ばりはスーツ姿をしています。

かなり厳粛な雰囲気で行われますので正装をしていて間違いないと思います。下で紹介しているのはベストにネクタイ付きです。ワイシャツは別売り。

 

もちろん私服の方もいらっしゃいました。年配の方でもジーンズにシャツという恰好でしたが、せっかくのスタートになる日なので身を引き締めて臨みたいものです。

入校式前に

まず毎朝の日課になるのですが、出席を取ります。敬称略で呼ばれますので「はい」としっかり返事をしましょう。

ここで入校式で果たす入校生の役割の話があります。

入校式で各科順に名前が呼ばれますので「はい」と返事をして立ちます。その後起立をしたまま科の人達全ての名前が呼ばれて一礼をするといった具合です。その後その科は着席。

これを科の順番ごとに行っていきます。

ちょっと練習をしてみましょうということで教室で一度練習をして入校式に臨むことになります。

返事をして待っているだけです。最後に以上〇〇名と先生が言ってくれますので一同併せて一礼して座ると終わりです。

そろそろ入校式が始まりまーす。ということで視聴覚教室のような大部屋に全ての科の人達がワラワラと集まり始めました。

入校式

順番は間違っていて抜けもあると思いますが、このような感じで入校式は進みました。正味1時間ぐらいです。

  1. 開会の言葉
  2. 知事の祝辞
  3. 来賓者の祝辞
  4. 入校生紹介
  5. 校長の言葉
  6. 電報での祝辞の読み上げ
  7. 訓練教官の紹介
  8. 入校生代表の言葉
  9. 閉会の言葉

このような感じだっと記憶しています。

知事はさすがに来てません。祝辞を読み上げるだけです。来賓者は商工会議所の方やハローワークの職員の方等、そして入校生紹介で先ほど上で書いた形式的なことをします。私は声が上ずってあまり大きな声は出ませんでしたねw。

校長の言葉で入校を認める旨のお言葉があります。そして知事のところと同じく来れなかった方々の祝辞が読み上げられます。

それから全ての科の先生方が並んで自ら紹介をされます。

そして入校生代表の人がこれから勉学に勤しむ内容の決意表明文を読み上げます。この入校生代表の方は初めに一番親しくなった人なので後から聞いてみると1週間前に電話で学校側からお願いをされたそうです。読み上げる内容は学校側で用意してくれているのでやって下さいとお願いされたとのこと。

そして式は滞りなく終わりました。

オリエンテーション1日目

まずは提出物や注意事項、受領物を受け取ったりといったことをする時間でした。

初めに誓約書というものを提出します。事前に合格通知の中に入っているので入校式までに必要事項を記入して印鑑を押しておきます。それを提出です。

それから経費の説明がありました。安全靴を持っている人は購入しなくていいとお達しがありましたがみんなとお揃いの物を購入することにしました。

そして当校時間の説明。これは言うまでもなく非常に厳しいです。出席を取る段階でいなければ欠科となるそうです。ですので出席を取る10分前が登校時間となっています。

車で当校している人は駐車場の指定がありました。ある範囲内が自分たちの科の駐車スペースとなります。

受領物ですが身分証明書を頂きました。封筒で送った写真が貼られています。

印鑑は逐次必要になってくるので私は預けることにしました。

そして明日も午前中で終わる旨が告げられ明後日からは昼食を用意しておくように言われました。配達してくれる弁当もあるので朝来た時に職員室で名前を書いてお金を置いておくだけでお弁当が食べられます。結構便利です。今毎日利用しています。

そして明日は合格通知に同封されていた校則を持ってくるように言われ初日は終了しました。

オリエンテーション2日目

2日目の始まりはもちろん出席確認から。ここで言い渡されたのは午前と午後で一日に2度出席を取るということです。午後一にもし遅れればそれは欠科となります。皆勤賞があるそうです。

もし欠席する場合は8:10以降に電話をすること。あまり早く電話を入れても誰も出ないそうです。

この日の内容は以下の項目です。

  1. 訓練生調査書
  2. 名札をもらう
  3. 教科書の配布
  4. 年間の時間割と直近の訓練時間表
  5. 午後の実習で着るつなぎの採寸
  6. 教科項目の説明

訓練生調査書の内容は今までも書いて提出していますが、氏名、住所、電話番号、緊急連絡先、学歴、職歴、訓練に関係する資格、投稿経路などを書くものです。来週の月曜までに提出となっていました。

名札はピンバッチで出来た物です。訓練科と名前が書いています。これを胸に付けておくようにとのこと。

続いて教科書の配布ですが、たんまりとありました。しかし基本はガソリン、ジーゼル、シャシが主に覚えることになっています。その他は整備の実習で使う教科書だったり、計算問題を解くための自動車整備に特化した教科書などです。

年間の時間割ですが、普通の会社と同じように土日、祝祭日が休み。8月だけは特別で午前中で終わりになっていました。基本50分の7時限なんですが、当校の自動車整備科は午後は長い時間授業を行い間の休みを長くしているというスタイルです。2時限しかありません。

この後、業者さんが来てつなぎの採寸と安全靴やスリッパの大きさを測りました。

最後にこれから学ぶ教科のざっくりとした内容の説明で2日目は終了。

学んだことについてはこれから投稿していきたいと思います。出来るだけ解りやすく自動車のことを説明出来るよう稚拙ながら頑張ってみます。整備工場に勤めながら実務経験を経て3級の自動車整備士を目指している人などの為にはなると思います。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »