期間工にチャレンジ!

期間工や社員との人間関係

期間工の悩みとして意外とよく聞くのが、期間工同士や社員との人間関係の悩みです。

そもそも期間工とは、どのようなキャラクターの人達が多いのでしょうか。また、期間限定とはいえ、ある一定の期間同じ職場で働く同僚や社員と、どのような距離感を持って、どの程度つきあうのがベストなのかを検証してみましょう。

もし人間関係でつまずいてしまった場合の考え方、また、解決方法があるのかも探ります。

打ち解けられない

期間工は期間限定の仕事となるため、職場ごとに新しい人間関係を築かなければならず、精神的に疲弊することが多いようです。期間工にとって、新しく入った職場に打ち解けられない、というのは大きな悩みの1つになるでしょう。

しかし、そこは仕事場です。そもそも必要以上に打ち解ける必要はありません。また、期間工というのは工場で製造ラインに入り、黙々と作業をこなす、といった類の仕事が多いので、人とコミュニケーションを取ることが仕事である営業などとは全く違います。

逆に言えば、人とコミュニケーションを取らなくて済むから、または人と話すのが苦手だから、という理由で期間工を選んでいる人も少なくありません。もちろん休憩時間などで多少雑談を交わしたり、仲の良い同僚ができることがあるかもしれません。

しかし期間工を選び働きに来る人の多くは、友達や仲間を作りに来るのではなく、お金を短期間で稼ぎたい、というシンプルな目的のために来ているはずです。そもそも和気あいあい楽しく仕事をしたい、という気持ちがあまり無いのです。

もちろんギスギスした雰囲気で働くよりも、職場に打ち解けながら楽しく仕事をできるに越したことはありませんが、過度な期待は禁物です。

しかし万が一どうしても職場の雰囲気が耐えられない、もしくは自分だけがのけ者にされているような事態が発生してしまい、かつ期間限定だからと割り切れない場合には、配置転換を願い出てみるのも解決策の1つです。

可もなく不可もなくの関係性が一番ですが、もし人間関係でグズグズと悩んでいるようであれば、配置転換させてもらうだけで、環境が大きく変わるかもしれません。勇気を出して相談してみましょう。ストレスを溜めないことが大切です。

上手くいかない

人間関係の問題は期間工に限らず、複数の人間が関われば必ず発生します。

期間工として働く人の中には、他の職場ではなかなか上手くいかず、期間限定で人とコミュニケーションを取る必要があまりない工場勤務、という理由で選んできた人も少なからずいることでしょう。黙々と仕事をこなすことが好きな人も多いはずです。

よって、元々人間関係を築くのが苦手な人が比較的多い可能性があります。もし、人間関係でつまずき、上手くいかない、と感じたとしても、そこまで気にする必要は無いのかもしれません。

自分自身が社会人として当然のマナーを守って、挨拶を欠かさず、相手に対して失礼のないように接していれば、必要以上に人間関係で悩み、ストレスを溜めないことです。

ただ、現場の責任者であり、上司であるところの社員さんとの人間関係は、その後の契約更新などにも影響が出るかもしれないので、気になるところです。

もちろん挨拶、仕事上の報告、連絡、相談は逐一行う必要がありますが、それさえ押さえておけばとくに必要以上にへりくだる必要も、コミュニケーションを取る必要もありません。ミスをしたのに報告しない、勤務態度が著しく悪い、遅刻、無断欠勤が多いなどの問題が無ければ、長時間話すこともほぼ無いでしょう。

お互いが期間限定、と認識しているわけですから、むしろあまり踏み込み過ぎない、ほどよい距離感を持つことが大切です。

ただ、人間関係の崩れは、意外と些細なことから始まることが多いようです。

例えば挨拶をしなかった、とか話しかけたが態度が不愛想だった、などのほんのちょっとしたことからです。延々と単純作業が続き、肉体的にもツライ仕事が多い中、もちろんストレスも溜まりますが、不毛なトラブルを招かないよう自分自身を振り返って、最低限必要な社会人としてのマナーには、気を付けましょう。

解決策

まずは、限定的な人間関係になるため、根本的な解決は必要ありません。お互い全く違った環境で育ち、人生を歩み、全く違った目的でたまたまその場に集まった人たちです。気が合う人もいれば、気が合わない人もいることでしょう。

家族でさえも分かり合えず仲たがいすることがあるのですから、期間工で集まった人たちの中で、人間関係が全て上手くいくことはまずありえないと考え、必要以上に深く考えないことです。

それでも乗り越えられないほどのストレスなどがある場合は、思い切って配置転換を依頼してみましょう。

仕事内容は好きなのに、仕事内容を変えてまで、と思うかもしれませんが、精神的なストレスは身体全体に不調をきたすことが多いので、なるべく早めに解決した方がよいのです。

ただでさえ体力勝負の職場なので、精神的な不調は身体にダメージを与え、退職を余儀なくされることも起こりえます。

その方が後々自分にとって不本意な結果となるはずです。早めの配置転換を依頼し、人間関係のストレスを取り除き、期間満了まで心身ともに健やかに過ごすことが一番です。期間工としての実際の体験談をぜひ参考にしてみてください。

「期間工体験談」の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »