期間工にチャレンジしてみたい人は!ここから

問題がある自動車でも買取業者は引き取ってくれるのか?

自動車を買い取ってもらう場合、気になるポイントの1つは本当に値段がつくのかという点です。相当に乗り回していて走行距離が限界に近いような自動車の場合、不安に感じられるかもしれませんが、そこはあまり心配する必要はありません。

もし壊れてしまっている自動車でもまだ再使用できる部品があるのでそれぞれパーツに解体して中古部品として取引されたりしています。

自宅近くの中古車屋や整備工場などより専門の買取業者へ依頼した方が高値売れる場合もあります。

自動車ディーラーと買取専門業者

まず、ディーラーに下取りを依頼した場合、自動車に全く値段が付けられないという答えが返ってくるケースも多くあります。

中古自動車を高く売るためのノウハウが少ないディーラーが多いこと、ディーラーの仕事はあくまで新車を販売することなどが主な原因です。ディーラーで下取りを依頼するなら限界まで乗った自動車どころか、まだまだ使用できる自動車でも値段が付かないなんてケースが多くあります。

そのため、値段がつくかどうか怪しいと感じるなら、ディーラーではなく自動車買取業者に依頼するのが基本です。ディーラーでは全く値段がつかない自動車であっても、自動車買取業者なら大抵は値段がつきます。

どうしてこのような差が生まれるのか、その理由は自動車買取業者は様々なルートで自動車を売却できるからです。自動車買取業者がどう利益を出しているか気になる人も多いと思いますが、自動車買取業者は中古車オークションに出品することで利益を得ています。

中古車のオークション

中古車オークションは全国各地で行われている業者向けのオークションであり、一般人は参加できません。

この中古車オークションに出品された自動車は、中古車販売業者や輸出業者などが競り落とします。

中古車販売業者は中古車オークションで自動車を売りさばくので、ここで利益を上げられると判断したなら確実に買い取ってくれるわけです。

当然ながら売り物として十分に通用するなら自動車オークションでも高値での売却が期待できますが、相当に乗り回した自動車でも買い手は現れます。

仮に中古車販売業者が手を出さなかったとしても海外への輸出であったり、解体後にパーツを再利用するなどの用途があるので、長く乗っている程度なら心配は不要です。

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック

売却できないパターン

逆に、どの程度の問題があるなら自動車買取業者でも値段が付かないのかですが、まずは自動車のキーを紛失したようなパターンです。

キーがなければ動かしようがないので、仮に十分に乗れる自動車であってもどうしようもありません。

そのため、キーを完全に紛失したような場合はまずディーラーなどに連絡をするところから始めてください。

同じようなパターンとして書類の紛失が挙げられ、必要な書類がない場合は買い取ってもらうことはできません。

しかし、キーとは違って書類の再発行はそう難しくはないので、慌てずに必要な書類の再発行手続きをしましょう。

あとは、自動車税を納税していない場合は同様に売却は不可なので、まずは税金を払わなければいけません。

一応、廃車手続きを経て売却を可能にする方法はあるものの税金が免除されるわけではなく、さらにこのような裏技的なやり方を嫌う自動車買取業者も多いので、あまり期待はできません。

事故車でも売却可能

自動車自体に問題があるパターンとしてはまずは事故車が挙げられますが、こちらも少々ならまず間違いなく買い取ってもらえます。

ドアの故障のような見た目にも大きく影響する事故であっても修理をして売り出す、海外に輸出するなどの選択肢があるので、特に問題はありません。

ただし、修復歴がある自動車についてはやや問題があり、こちらは買い取り額が大きく下がったり値段がつかないケースがあります。

骨格部分の修理や交換をした自動車は修復歴が付き、買い取り額の方に大きな悪影響が出るのです。

逆に言えば、修復歴がなく修理歴だけなら骨格部分には問題はないので、値段がつかないなんてことはまずありません。

事故車とやや似通っていますが、バッテリーが切れて動かない不動車の場合も、ある程度の期待は持てます。

バッテリーを交換して動くならそのまま自動車オークションでの売却が期待できますが、バッテリー交換でも動かないようなら廃車手続きするしかなく、このような自動車は値段はつきません。

改造車は事故車や不動車と比較すると大きなデメリットはなく、むしろ改造内容によっては普通の自動車より高く評価されることもあります。

ただ、改造内容次第な面はあり、あまり人気がない改造をしているなら評価が下がることもあるでしょう。また、改造車の場合は改造車を専門に扱っている自動車買取業者の方がよいので、普通の自動車とはまた違った業者の選び方が必要です。

例外としては法律上公道を走れない違法改造の自動車が挙げられ、こちらは元に戻すための費用などの問題から断られるケースも珍しくはありません。

いずれにせよ、本当に買い取ってもらえるか不安な場合も、まずは自動車買取業者に依頼するところから始めてください。そこで値段がつくようならそのまま売却すればよく、仮に自動車買取業者では引き取ってもらえなかった場合も、廃車買取業者の方に依頼する手があります。

事故車、故障車も全て高価買取り!カーネクスト

「動かなくなった車、どうすればいいの?」

廃車・買取なら引き取り・手続き無料の「廃車ラボ」

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »