期間工にチャレンジ!

期間工の休日の過ごし方

期間工というと、仕事が超ハードというイメージを持っている方も多いため、休日といっても体を休めて終わってしまうのではないかという不安もあるはずです。

しかし、確かに体を休めるだけで終わってしまう日もありますが、いろんな過ごし方をして休日を謳歌していいる人も意外と多いのも事実です。

私事ですが、期間工のグルメというカテゴリーがあるように私は休みごとに外食を楽しんでいました。

身体を休める

期間工の仕事はハードだったり残業時間が長かったりということがよくあるため、休日に積極的に外に遊びに行くようなエネルギーはないという人も多いようです。特に期間工を始めたばかりのころは、疲れもどっと溜まるでしょうから、休日は部屋でゆっくり体を休めてリフレッシュに努めるのがベストな過ごし方と言えるでしょう。

寮の風呂は休日でも自由に使えるので、外出などせずにいつもより時間をかけてお風呂につかるという人も多いです。

お風呂でしっかり体をほぐして、休み明けの重労働に備えて万全にしておくのは確かに賢い過ごし方でしょう。せっかくお金を貯める目的で始めたのに、体を壊して期間を満了できなければもったいないですから、体を休めることに努めるのは正しい過ごし方だと言えます。

体調を整えておくのも仕事の内と言われる人もいらっしゃいますが、正論だと思います。休みの間に無茶をして仕事に差し障りがあるようでは本末転倒です。

部屋で過ごす

体を休めるといっても寝てばかりではつまらないことも確かです。

実際、休日だからといって寝てばかりという人は少なく、部屋で大半を過ごすといっても、その過ごし方はテレビを見る、DVDを見る、ゲームをする、ネットをする、読書するなどいろいろあります。寮の近くにレンタルショップがあれば、休日ごとにDVDを借りてきて映画観賞するのも有意義な過ごし方です。

なかには仲間を集めて映画観賞会を開いている人たちまでいるといいます。

去年までいた寮ではロビーで「うそでしょ!」というぐらいの馬鹿でかいテレビ(50インチ以上)を運び込んでいる寮生もいたほどです。

DVDのレンタル代ぐらいなら微々たるものなので、外出せずにお金を貯めることに集中したいという人にもおすすめです。

ネットに関してはスマホだけで済ますという人が多いですが、なかにはプロバイダーと契約して寮にネット回線を引く人もいます。ネット回線が部屋に通じていれば、パソコンを持ち込んで好きなだけネットサーフィンができますし、オンラインゲームを楽しむこともできます。詳しくはこちらで。

デンソーの寮でのインターネット接続について比較してみました

ただし、ネットの契約は2年間を基本単位とするところが多いため、半年ぐらいの短期の期間工だとわざわざ部屋に引くのは向いていません。どうしても必要なら、寮の誰かと共同で使ってネット費用を折半するというようなやり方も一つの方法です。

外出

もちろん部屋で1日中過ごすという人ばかりでなく、休日のたびに積極的に外出するという人もたくさんいます。

田舎にある工場だと、寮の周辺にも都会のようにたくさん娯楽施設があるわけではありませんが、地方には地方ならではのそれなりの娯楽施設があるものです。

飲食店ならどこでもありますし、休日を部屋に閉じこもって過ごすより、疲れない程度に外出してリフレッシュするのは良い過ごし方でしょう。私は同期の連中と食事や飲みに出かけるのが大好きでした。

仕事に慣れてくれば、休日にもジョギングなど外で運動した方が健康的です。ストレス発散にもなるでしょう。若い方でおおよそ往復5キロ(片道2.5キロ)の距離を走っていた人もいました。

なお、寮住まいならご飯は三食とも寮の食堂で食べられる所もありますが、いつも同じような食事では飽きるという場合は外食もおすすめです。

寮の食事は食中毒のリスクを減らすため、基本的に刺身など生ものは出ません。「それでは飽きる、お寿司大好き!」という人は、休日を利用して回転寿司にでも足を運ぶのも良いでしょう。

このように、期間工の休日では、基本的には外出といえども寮の近隣であり、それほど遠出をする人は多くないのですが、なかには土日などの連休を利用して県外まで遊びに行く人もいます。

好きなアーティストのライブやイベントなど目的はさまざまですが、わずかな休日で泊りがけで遊びに行くのは相当タフな人たちと言えるでしょう。初心者にはおすすめしませんし、おそらく慣れるまではそんな余裕も生まれないはずです。

お金を貯めるならギャンブルはダメ

なお、地方の工場で都会ほど娯楽施設もないといっても、パチンコ店はどこにでもあります。

そのため、行くところがないから休日はパチンコで時間を潰すという期間工も多いのです。少ない統計ですが実際にデンソーの周りの期間工の人達の6~7割はスロット大好きでした。

もともとギャンブルが好きという人も多いですし、それほど興味はなかったけど期間工を始めてからパチンコを覚えたという人もいます。私も20代前半の期間工時期にずっと社員から誘われて行ってました。

しかし、お金を貯める目的で期間工を始めたのであれば、パチンコのようなギャンブルで休日を過ごすのはおすすめできません。

パチンコなどわずかな時間で1日分の給料が飛んでいくことも珍しくないですから、お金を貯めるために期間工の仕事を始めたのに、契約満了時にほとんど貯金がないなどということにもなってしまいかねません。

実際、期間工にはギャンブルに依存している人もけっこういます。給料をもらった直後にパチンコ店に駆け込み、すっからかんになって帰ってくるような人までいるのです。

自分ではギャンブルは何もしなくても、そういう人たちに借金を頼まれてトラブルになるという怖いケースもあるので、なるべくギャンブルとは距離を置きましょう。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »