期間工にチャレンジしてみたい人は!ここから

自動車買取業者を利用した方がよい理由とは

自動車を高く売りたい、そんな場合にまず意識すべきポイントは下取りを利用しないことです。

現時点で乗っている自動車はディーラーで購入したものだから、新しい自動車を購入するならディーラーで下取りしてもらうのが当然、という認識は必ずしも正しくはありません。

今乗っているメーカーの車に不満はなくライフスタイル(家族が増えたなど)も変わらないという方はディーラーで下取りしてもらって同じメーカーの新車を購入するのもありだと思います。

「いや、車を高く売りたいんだ」という方向けにネットを利用した自動車の売却についてデメリットも踏まえオススメの方法を選択肢として取り入れてもらえばと紹介しています。

ディーラーでの下取り

もちろん、自動車の売却に正解も不正解もなく、査定額のことをほぼ気にしないのであれば、ディーラーの下取りでも問題はありません。

しかし、なるべく高く自動車を買い取ってもらいたいと思っているなら、ディーラーの下取りを利用するのは不正解です。

どうしてディーラーの下取りが不正解なのか、それはディーラーの仕事内容に問題があるからです。ディーラーの仕事は自社の新車を販売することであり、買取を専門に扱っている業者ではありません。

下取りも一応は手がけている程度のディーラーが多く、下取りした自動車を高値で販売するルートを持っていないのです。高値で販売できるルートがない以上、ディーラー側としては下取りでそんなに高い査定を出すことはできないわけです。

さらに、これも自社の新車を販売する上での弊害ですが、下取りではパーツがメーカーの純正品でないと高く評価してくれません。実際には自動車のパーツを取り替えるケースも多く、この点もディーラーの下取り価格が今ひとつな理由です。

車を高く買い取ってほしければ

中古車の専門家に任せる

自動車を高く売りたい場合にどうするか、それはディーラーではなく専門の買取業者に依頼するのが基本です。

自動車買取業者の場合、先に挙げたディーラーの高く買い取れない理由は全く存在しません。

まず、自動車買取業者は買い取った自動車を高く販売することで利益を上げているスペシャリストなので、当然ながら幅広い販路を持っています。

オークションに出す、海外のルートを使うなど販路も様々であり、自動車をより高く評価してくれる人をしっかりと探してくれるわけです。買い取った自動車をより高く売れる自信があるからこそ、買取価格にも大きく期待が持てます。

さらに、自動車買取業者の場合は純正品に対するこだわりもなく、人気があるパーツなら純正品でなくても高く評価してくれるのも魅力です。

人気がないパーツの場合は評価が下がる原因にもなりかねませんが、それでもディーラーと比べれば大きなデメリットではありません。

ディーラーで下取りをお願いするのが悪いことではありませんが、高く売りたいならその道のスペシャリストである自動車買取業者を選ぶのが有効な手段です。

もちろん、自動車買取業者によって買取価格はだいぶ異なってくるので、理想は自動車買取業者を比較することです。

インターネットには自動車買取の一括査定サービスが複数あり、これを使えば複数の自動車買取業者に見積もりを依頼できます。いくら自動車買取業者が高く買い取ってくれるとは言え、できることならなるべく安く買い取りたいと業者側が考えるのは当然のことでしょう。

安く買い取ればそれだけ利益も期待できるので、どこか特定の業者に依頼する場合はあまり査定額にも期待が持てません。

しかし、一括査定サービスを使って複数の業者に依頼をするなら、自動車買取業者が買い叩くことはほぼ不可能です。

査定額を下げれば他の自動車買取業者と売却の話をまとめるかもしれない、業者側はそのように考えるので、一括査定サービスを使用することで業者同士の競争状態を作り出せます。この一括査定サービスを利用する場合と利用しない場合では結果が全く変わってくるので、自動車を高く売るなら一括査定サービスを利用してみてください。

こちらは日本自動車流通研究所(JADRI)に加入している公式サイトです。

【一括査定.com】

デメリット

一括査定サービスのメリットは査定額が期待できることですが、一方で難点もあり、まずは勧誘の存在が挙げられます。業者側としての理想は1対1に持ち込み、なるべく安く自動車を買い取ることなので、必然的に勧誘合戦がスタートするわけです。

一括査定の申し込み後、最も先に連絡してそのまま交渉を始めれば他の業者の介入を防ぐことも不可能ではありません。

だからこそ、一括査定サービスを申し込んだ直後から電話がひっきりなしにかかってくることが多く、これは利用者側からすると大きな難点です。かつては時間を問わず電話がかかることも珍しくはありませんでしたが、自主規制により夜の9時以降なら電話がかかることはなくなりました。

ただし、夜の9時以降に一括査定サービスに申し込んだ場合はまず間違いなく翌朝に電話がかかってくるので、しばらくは生活に支障が出かねません。この勧誘のデメリットはかなり大きいのですが、中にはメール限定で見積もりを依頼できるサービスも存在します。

メールだけでは査定額がはっきりしないものの、まずはメールで業者を絞り、そこから実際に自動車を見てもらう業者を探すのは有効な方法です。

勧誘の酷さというデメリットはあるものの、やはり自動車を高く売るなら一括査定サービスの力で競争状態を作り出すことは欠かせないので、なるべく勧誘への対処が最小限で済むサービスを利用するのがよいでしょう。

新しい入札形式での買取

最新のサービスとしてネットオークションで業者が入札形式で値が釣り上がるという透明性の高いシステムを導入している所がカープライスです。

買い取り業者よりも15%~25%高い買取価格!カープライス

同じくオークション形式でタレントのローラさんがイメージキャラになっているユーカーパックがあります。

【ユーカーパック】

この両者でしたら一括査定のデメリットを防ぐことが出来ます。

売り手側の最大の目的は高く買い取ってもらうことに尽きます。今現在は最新のオークション入札方式が中抜きもなく車を売りたいという方の最大の目的を達する手段として最も適しているのではないでしょうか。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »