期間工にチャレンジ!

愛知県岡崎市中島 中華焼肉 錦で一人焼肉を慣行しました

病院の帰りにトボトボ歩きながらJR岡崎駅を目指しながらも食事のできる店を探しましたが、飲み屋が多く17:00からの開店ばかりで1時間以上時間をつぶさなきゃならない状況でしたので、バスで中島まで帰り、西尾製作所近辺のお店に行くことにしました。

中島のバス停について「さて、どの店に行くか…」と思案したところ、そういえばバス停の近場で一件まだ訪れていない店があるのを思い出しました。

ちょっと謎めいた店の名前は中華焼肉 錦です。

中華焼肉 錦

一度目は一人焼肉にチャレンジ

MEMO
食べログでのレビューはまだありません。

早速入店してまず感じたのは意外と広いと思いました。座敷がメインで壁側と角の方に配置されていて、真ん中にテーブル席が四つほど。

お客さんはまばらでしたが、テーブル席に座ってらっしゃる方が多かったです。私は角の座敷に陣取りました。

メニューはかなり豊富にあります。こんな感じです。何を注文していいか迷うほど。

 

せっかく焼肉と銘打たれているお店なのでここはいっちょ肉メインで注文してみることに。

とその前にまずは生ビールを注文してグビッと流し込む。

 

定石に従い、塩タンを筆頭にロース、カルビ、上ミノ、ホルモンを注文。

お店の方は早速、焼肉タイプのテーブルへ変えてくれました。テーブルの真ん中が開くような作りになっており、簡易的な網を載せ、火を付けます。私もお箸を用意。

 

それからお店が用意してくれたのは付けダレに食塩、取り皿、トングでした。

 

まずこの市販の食塩をさっと出してこられて「もしかしたらヤバイかも…」という思いが一瞬よぎりました。

タンはこの塩ふって食べてねということなんでしょうか?

そしてまずは塩タンが登場。意外と大きく厚みがありました。

 

レモンが気持ちばかりに乗っていたので取り皿にレモンを絞り、塩を加えタン用の付けダレを完成させて、さあ焼きました。

 

食べた感想ですが、少し臭みというかクセのあるタンでした。大きさは申し分なかったのでちょっと残念。

次にロースとカルビが現れました。

 

肉質はチェーン店などに比べれば、そう悪くはないように思えましたがここでビックリ!!!

付けダレは何とエバラ焼肉のタレじゃないですか!!!

あのキャンプや家庭用で使用されている市販そのままの味は間違えようがありません。

ちょっと鈍重すぎてもうテンションはダダ下がり。

けど注文した内臓系が最後に現れました。上ミノ君にホルモンさんです。

 

この内臓系も質は悪くないんですが、タレに異議あり!私は声を大にして言いたい!

この店の改善点はタレにあり

そうしたらもう少し焼肉の売り上げも上がると思います。

店に入った瞬間気付かない私も愚かでした。焼肉食べてる人なんか誰もいねーということに。皆さん定食のようなメニューを食べていらっしゃる。

私の感想になりますがここでは焼肉は控えた方がいいかもしれません。

きっと他のメニューは美味しいはず。別メニューでのトライにこうご期待を。

二回目は単品メニューにチャレンジ

この時の話になります。

期間工から社員を目指している沖縄の人から聞いた独特な風習や文化

仲の良かった沖縄出身の方と一緒に絶対普通のメニューは美味いはずという身勝手な固定観念のもと、このお店に再チャレンジしてきました。

日曜日の昼どきでしたが、二人ともビールを注文。飲める時に飲むという心情はお互い共通事項のようです。

彼とも相談しながら単品のメニューを注文。

まずテーブルに来てくれたのは炒菜(野菜炒め)です。

 

取りあえず前菜といったところでしょうか。中華風でもあっさりしていてビールにはピッタリでした。

それから現れたのは餃子。中華料理屋さんに行けば必ず頼みたくなる一品。これでさらにビールがススむ。

 

次にテーブルに運ばれてきたのは青柳肉鶏。(ピーマンと鶏肉)

 

これは一押しです!普段かぶりつくのが面倒なので名古屋名物の手羽先などは敬遠しがちなんですが、これは鶏さんがいわゆる手羽先の味なんです。これはガチで美味かった。普段手羽先を食べない分より美味しく感じたのかもしれません。

続いて来たのは鶏の唐揚げです。チョイスをミスしました。鶏が二連続して運ばれてきましたが、無難に美味しい・・・

何よりデカいんです。

 

二人とも大体落ち着いてもう二杯目のレモンチューハイやウーロンハイを流し込んでいたところに最後の品が。

 

蝦炒飯(エビチャーハン)です。彼がご飯ものを食べたいと言っていたのでこれをチョイス。最後にこれを分けあって食べました。

という訳で焼肉に関してはオススメ出来ませんが、中華の方は申し分ない旨さだと思います。定食や単品料理を注文しているお客さんの多い店です。

ここで一言、孤独のグルメの主人公である井之頭五郎が言いそうなセリフを想像で。
(知ってる方はドラマの松重豊さんをご想像下さい。)

ふ~ん。焼肉に中華とは珍しいお店だ。迷う。実に迷う。

それではまた!

オススメの期間工職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »