期間工にチャレンジ!

愛知県西尾市下羽角町 泰斗園に行ってきました

先日投稿した西尾製作所から一番近いお食事処のふる里の隣に店を構える中華料理屋さんが泰斗園(たいとうえん)です。

ここも寮から距離的には非常に近いところにあります。隣のふる里には行ったんだからここにも行っておかないとという思いに駆られて、休みに入った土曜日の昼時に行ってきました。

このお店もふる里と同じく遠くから眺めていただけでした。あまりお客の出入りを見かけないのでさて大丈夫なものかと気になってはいましたが・・・

泰斗園

野菜炒めジンギスカン定食

MEMO
食べログのレビューはまだありません。

ふる里と同じく西尾製作所の関係各社の方が利用されている模様で、座席数はふる里に比べると少ないですが、お昼時は多くのお客さんで賑わっていました。

このお店はテーブル席ばかりなので一人での食事でも気兼ねなく入れます。二人掛けのテーブルに案内ましたのでまずはメニューを確認。

 

中華にしてはメニューは目移りするほど多くはないですが、それだけ一品一品に注力しているのかもしれません。

休みに入った昼時なので、まずは生ビールを注文してみました。

 

お通しで出てきたのは、かぼちゃの煮つけとししとう。どっちも苦手なんですが…

かぼちゃの煮つけを頂きましたが、冷えているというレベルではなくて今しがた冷蔵庫出して来た感じでから冷たい…

ししとうはパスしました。

気を取り直して食事を注文。定食のA.野菜炒めジンギスカンをお願いしました。しかしなぜ中華料理店にジンギスカンが・・・

 

これは意外とボリュームがあります。ご飯の他にスープ、お新香、お茶がセットで付いてきました。

羊の肉ですが、気にならないほどクセはなくご飯が進みます。スープとお茶がありましたのでビールがおざなりに。

ご馳走様でした!と平らげたところでまだビールは半分ほど残ってました。

何かリーズナブルにビールに合うメニューを探すとありました!ギョーザが七つで300円です。

早速ギョーザを単品で注文。

 

標準程度に美味しく、これでビールを飲み干しました。完食。

野菜を取ることも出来ましたので今回は中々のグッドチョイスだったと思います。

ジンギスカン料理とは?

私は九州出身なのでジンギスカンという料理とはまるで接点がありませんでした。

以前の同僚が北海道出身だったので一度仕事仲間で集まって同僚の彼がジンギスカン鍋を振舞ってくれたことがあります。

調理には専用の鍋を使います。

この上に野菜を敷き詰めさらにその上に羊肉を置くという独特な調理法です。野菜が肉の旨味を吸って美味しく頂けます。

これは後付けジンギスカンと言われますが、始めからタレに付け込んで食べる漬け込みジンギスカンという料理もあるそうです。

起源については大戦期に日本が満州地方へ進出した際に中国の羊肉料理を日本人向けに作ったという説が一番信憑性が高いそうです。

原型はカオヤンロウ(烤羊肉)という日本の焼き鳥に似た串刺しの料理になります。清真料理という中国のイスラム教徒の料理がルーツです。ムスリムは戒律として豚肉を食べません。その為に羊肉の調理法が発達しています。子羊の肉はラム、成長した羊の肉はマトンと言われますが、マトンはクセが強いのでスパイスや香辛料を用いて調理します。

今でこそ各地にジンギスカンの専門店がありますが、北海道で広く食べられるようになったのは羊の飼育が当時から盛んだったというのが理由です。北海道の郷土料理の一つとなっています。

また欧米では形を変えモンゴリアンバーベキューなるスタイルのレストランがあります。日本では沖縄の米軍基地内もしくは中頭郡北谷町(ちゃたんちょう)にお店があります。

ちょっと変わったスタイルで店内に置かれている食材を自分で選んで店の調理人に渡して鉄板焼きを作ってくれるというバイキング形式 + 鉄板焼きのようなお店です。

デンソーの期間従業員は沖縄出身の人が多いのでこの謎めいたお店のことについて聞いてみたいと思います。

このお店に何で北海道の郷土料理のジンギスカンなんてあるのか皆目見当が付きませんでしたが、実はルーツは中国だったということで納得しました。

中華料理屋さんにジンギスカンがあってもおかしくはないというお話でした。

それではまた!

オススメの期間工職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Translate »